鍵が曲がってもムリに戻そうとしない方がいい

カギはそれぞれに固有の特殊な形状をしています。これは、カギの形状によって開けられる錠前が特定できるようにするためです。さてこの固有の形状が変化してしまうと、カギは特定の錠前を開けることができなくなります。したがってカギの素材はある程度の強度が必要なのです。
たいていカギは金属で出来ているので、簡単に変形や破損が生じることはありません。その一方で、カギは薄く、複雑な形状をした金属であるとも言えます。さらにカギがその制作工程において削りだされるものであるため、強度もそうした加工が可能なレベルに設定されていると言えるでしょう。
このような事情から、カギは一見すると強固な金属の塊に思えますが、実際には薄く、曲がりやすい形状であるとも言えるのです。実際、カギ穴に差し込んだカギに対して横方向へ力を加えた場合、テコの原理による力も手伝って、簡単に曲げることができるのです。

わざとでないにしても、何かの拍子にカギに対してあらぬ方向への力がかかることがあります。特に年月を経たカギは劣化しており、日々かかるテンションによって多少なりとも歪みが生じています。これがスムーズな動きを妨げるために、さらなるテンションが生じるという悪循環によって、ついにはカギが曲がってしまう場合があります。

ひとたびカギが曲がってしまうと、驚いてパニックに陥ってしまうのと同時に、そのままにしておくとドアの開け閉めが出来なくなってしまうという心理がはたらき、つい力まかせに元にもどそうとしてしまうのですが、これはたいていの場合良い結果を生みませんからやめておきましょう。
一度曲がったカギを元に戻すと、さらなる歪みが生じます。仮にそれをカギ穴に差し込めたとしても、回すテンションに耐えきれなくて折れてしまう可能性が高くなるのです。こうなると修理も高額になってしまいます。折れたカギを鍵屋に持って行った方が、よっぽど安く済ませられるのです。